【ネガワット取引とは】実績・経済産業省のガイドライン

ネガワット取引とは?実績・経済産業省のガイドラインについて紹介します。

スポンサーリンク

【はじめに】ネガワットとは

ネガワット(negawatt power)とは、その名のとおり「負の消費電力」という意味です。
一般家庭などで節電した際に余った電力を、発電したことと同じとみなす考え方に「ネガワット」という言葉がよく用いられます。

【ネガワット取引】ガイドライン

ネガワット取引は、2017年からスタートした節電した電力を売買できる制度です。
節電した一般家庭などに対して、電力会社が節電分の電力に応じて報酬を支払います。

経済産業省が「ネガワット取引に関するガイドライン」を公表しています。

【ネガワット取引】蓄電池の販売拡大・問題点

ネガワット取引を行うには、余った電力を蓄える「蓄電池」が必要となります。
蓄電池の需要が増える一方、ネガワット取引用途では他の用途と比較して酷使した使い方になってしまうため、蓄電池の劣化が起きやすいという問題もあります。

スポンサーリンク
関連記事