【Windows10】Windows Defenderのクラウドベース保護

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Windows10でWindows Defenderのクラウドベース保護機能をオン/オフする方法について紹介します。

クラウドベース保護機能

Windows Defenderには「クラウドベース保護機能」備わっています。
これは、「最新のウイルス定義ファイルをインストールしていない、または未知のウイルスがあった場合に、ウイルスの侵入・感染を防げる」重要な機能です。
今回はそのクラウドベース保護機能を制御する手順を解説します。

①Windows Defenderの設定画面を開きます。
【参考】Windows Defenderの設定画面を開く方法

②クラウドベース保護を有効にする場合は、”クラウドベース保護”下にあるスイッチを「オン」に変更します。
逆に無効化したい場合は、「オフ」にします。

③作業内容は以上です。

【おすすめ記事】
【Windows10】Windows Defenderの設定方法まとめ
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!