【WiMAX】 「DNSサーバーが応答していません」のエラー対策

この記事では、Wimaxを使っている時に「DNSサーバーが応答していません」と出てネット接続できないエラー対策について紹介します。

スポンサーリンク

「DNSサーバーが応答していません」のエラー対策

WiMAXを使っていると以下のようなDNSエラーが出てネットに繋がらなくなることがあります。

「DNSサーバーが応答していません」というエラーメッセージが出ます。

しばらくしても症状が改善されない場合の対策は次の通りです。

①WiMAXのルーターを再起動

WiMAXのルーター(ポケットwifi)の電源を再起動します。
すると改善されることが多いです。

②トラブルシューティングの実行(WIndows10の場合)

再起動しても直らない場合、以下の手順でトラブルシューティングを実行します。

手順

①「スタート」→「Windowsの設定」→「ネットワークとインターネット」をクリックします。
②「ネットワークのトラブルシューティング」をクリックします。
③トラブルシューティングが開始されるので指示に従って操作します。

③DNSを手動で設定する(WIndows10の場合)

トラブルシューティングを実行しても駄目だった場合、DNSの設定を変更してみます。
デフォルトでは、DNSの設定が自動になっていますが、これを手動にします。

手順

①「スタート」→「Windowsの設定」→「ネットワークとインターネット」→「アダプタのオプションを変更する」をクリックします。
②利用しているネットワーク(wifi)を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
③「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
④「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択します。
⑤「優先DNSサーバー」「代替DNSサーバー」の右側に以下のIPアドレスを設定して「OK」をクリックします。

IPアドレス
優先DNSサーバー 129.250.35.250
代替DNSサーバー 129.250.35.251

⑥これで完了ですが、駄目だった場合は自動設定に戻します。

【関連記事】
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!