【Windows10】VisualStyleでデザインカスタマイズ

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Windows10のデザインVisualStyleでカスタマイズする方法について解説します。

VisualStyleとは

VisualStyleとは、マイクロソフト非公式のWindowsテーマです。
(カスタムスキンやカスタムテーマと呼ばれていることもあります)
コミュニティサイトなどでかっこいいVisualStyleがたくさん公開しており、これを利用すると Windowsの見た目を劇的にかっこ良くすることができます。
この記事では、VisualStyleをWindows10に適用する方法を紹介します。
※実際に試す場合は自己責任でお願いします)

VisualStyleを適用するための準備

Windows10で非公式VisualStyleを利用するには「UltraUXThemePatcher」をインストールする必要があります。

【Windows10】UltraUXThemePatcherをインストール

VisualStyleを適用

「UltraUXThemePatcher」をインストールして再起動したらいよいよVisualStyleを適用してみたいと思います。
①以下のサイトから、好みのWindows10向けVisualStyleを1つ選び、テーマのタイトル名をクリックしてください。
Browsing Windows 10 on DeviantArt
※DeviantArtは、世界中の有志が作成したVisualStyleやアイコン、壁紙などが数多く投稿されているサイトです

②選択したVisualStyle詳細ページの右上にある「Download」ボタンを選択してください。
※この記事では、「Licorice for Windows 10 Technical Preview」テーマを例に説明しています。
Licorice for Windows 10 Technical Preview

ただし、ここで注意して欲しいのが必ずVisualStyleをダウンロードできるとは限らないということです。
テーマによっては、サンプル画像しかダウンロード出来ない場合もあります。
その場合は諦めて別のテーマを探しましょう。
また、Windows10向け以外のテーマは使えないので注意してください。
(タイトルにfor Windows8.1とか7とか書いてあると使えません)

③ダウンロードしたファイルを解凍ソフトなどを使って展開してください。
(配布されているファイルは.rarや.7zが多いです)

④展開したフォルダの中身を見てみると、「〇〇.theme」という拡張子のテーマファイルと「〇〇」とうフォルダがあります。
この2つをコピーし、「Cドライブ」→「Windows」→「Resources」→「Themes」フォルダ内に放り込んでください。
(Licorice for Windows 10 Technical Previewの場合は、上画像のように「licorice.theme」「licoriceフォルダ」があります)

⑤「Themes」に放り込んだら「〇〇.theme」ファイルを選択してみてください。すると画面が変更されてかっこ良くなるはずです。
(「licorice.theme」をクリックした場合は下画像のようになります)

以上がVisualStyleの適用作業の流れです。

ちなみに「Themes」フォルダに追加したVisualStyleはテーマ変更画面にも反映されますので、ここから適用することもできます。

また、元に戻したい場合も、テーマ変更画面で元のテーマを選択するだけです。

【関連記事】
【Windows10】デザインをかっこよくカスタマイズ
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!