シェアする

【Windows10】USBが認識・表示されない場合の対処方法

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Windows10でUSBが正常に認識・表示されない場合の対処方法について初心者向けに解説します。

エラーメッセージ

Windows上で以下のようなエラーメッセージが出たり、USBデバイスが認識・表示されない場合の対処方法は次の通りです。

【エラーメッセージ】
「このコンピューターに最後に接続された USB デバイスが正しく機能していないため、Windows によって認識されていません。」

対処方法

対処方法を順番に並べました。

USBポートを変更

別のUSBポートにUSBデバイスを接続してみましょう。

PCの再起動

PC(パソコン)を再起動してみます。
これでも治らない場合は、PCの電源切ったあと、電源のコンセントや他のUSB機器も抜き、1~2分放置したあと、再接続してPCを起動してみてください。
(ノートPCやタブレットPCの場合はバッテリーも外してみる)

ドライブレターの競合

USB機器がフラッシュメモリの場合は、ドライブレター(D:\など)が別ドライブと同じになっている可能性があります。
その場合は以下の手順でドライブレターを変更します。
①「管理」を選択します。
②「ディスクの管理」を選択します。
③「ドライブ一覧を表示」を選択します。
④USBメモリ側のドライブレターをPC側と被らないように変更します。

高速スタートアップを停止

①スタートボタンを右クリックします。
②「コントロールパネル」を選択します。
③「電源オプション」を選択します。
④「電源ボタンの動作」を選択します。
⑤「現在利用可能でない設定」を変更します。
⑥「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。

システムメンテナンスを実行

システムに異常が発生しているため、USBを正常に認識できない場合があります。
その場合の確認・対処手順は次の通りです。
①「コントロールパネル」を選択します。
②「アクションセンター」を選択します。
②「メンテナンス」を選択します。
④「トラブルシューティング:システムメンテナンス」を選択します。

USBポートが劣化 or 壊れている可能性

上記の項目をすべて試してもダメだった場合は、USBポートが劣化、もしくは破損している可能性があります。
消費電力の高いUSB機器などを長時間使用し続けると、USBポートが故障したり劣化しやすくなります。
低電力消費のUSB機器を繋いで動くのに、高電力消費のUSB機器は認識しない or 使えない場合は、劣化しています。
その場合は、 セルフパワー付きのUSBハブを使うと良いです。
(USBポートが劣化してても電力供給を別電源から取れる)

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする