シェアする

TB、GB、MB、KBの違い

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、パソコン用語「GB、MB、KB」の意味や違いについて紹介します。

TB、GB、MB、KBとは

TB、GB、MB、KBとは、データの大きさを表す単位です。
「この画像ファイルは200KBのサイズがある」などという風に使われます。
それぞれの違いは以下の通りです。

KB(キロバイト)・・・1Byteの1000倍
MB(メガバイト)・・・1KBの1000倍
GB(ギガバイト)・・・1MBの1000倍
TB(テラバイト)・・・1GBの1000倍

違いのまとめ

1000KBが1MB、1000MBが1GB…という風に上から1000倍ずつ大きくなっていきます。
ちなみに、1文字(半角)で1Byte(バイト)のデータサイズがあります。

半角1000文字だと約1KBのデータサイズになります。
半角1000000文字だと約1MBのデータサイズになります。

【おすすめ記事】
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする