【Windows10】スタートアップの有効・無効化

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Windows10でスタートアップを有効・無効化する方法について紹介します。

スタートアップの有効・無効化

「スタートアップ」とは、PCを起動した時に自動でアプリケーションを起動することです。
PCを使っていく内にスタートアップにソフトが登録されていきます。
便利な反面、多くのソフトが登録されると、起動が遅くなったりPCが重くなります。
この記事では、Windows10を対象に不要なスタートアップを無効化し、PCを軽く、高速化する方法を紹介します。

①スタートボタンを右クリックし、「タスクマネージャ」を選択してください。

②タスクマネージャのタブから「スタートアップ」を選択してください。

③プロセス一覧が表示されます。
スタートアップから外したいソフトを右クリックして「無効化」を選択してください。
※セキュリティ対策ソフトやエクスプローラなど、大事なアプリケーションを誤って無効化しないようにしましょう。
※万が一無効化してしまった場合は、もう一度右クリックして「有効化」を選択することで元に戻せます。

④すると、無効化したアプリケーションは次回から自動で起動しなくなります。
その分だけPCの動作が軽くなります。

⑤作業は以上です。

【おすすめ記事】
【Windows10】高速化まとめ
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!