【Windows10】高速化まとめ

この記事では、Windows10を高速・軽量化する方法について紹介します。

スポンサーリンク

WWindows10高速化

Windows10の標準機能やフリーソフトを用いると、パソコンの動作を高速・軽量化することができます。
今回は、それらの方法をいくつか紹介します。

スタートアップの無効化

スタートアップとは、パソコンを起動した時に、指定したソフトを自動的に起動する機能です。
ウィルス対策ソフトなど、PC起動~終了時までずっと使うような重要なソフトをスタートアップに登録します。
便利な反面、重要性の低いソフトまで登録すると、起動時間が長くなり、PC自体の処理速度も重くなります。
重要性の低いソフトをスタートアップから外すことで高速・軽量化する方法を下記事で紹介します。

【詳細】スタートアップの有効・無効化

パフォーマンス優先

パフォーマンス優先を有効化することで、動作を重くしている機能をオフにすることができます。
【詳細】パフォーマンス優先を有効化

アニメーションの無効化

アニメーションや影の効果等のエフェクトを無効化すると、PCの負荷を軽減でき軽量化できます。
【詳細】アニメーション・エフェクトを無効化

デフラグ・最適化

デフラグを行うと、パソコンの起動時間、ファイルの処理速度、ソフトの動作速度が改善されます。
【詳細】デフラグ方法

ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップを行うと、パソコン内の不要なファイルを掃除し、空き領域が増えて軽量・高速化できます。
【詳細】ディスククリーンアップ

Windows.old削除

Windows7や8からアップグレードしたWindows10パソコンは、バックアップファイル(Windows.old)を削除することでパフォーマンスを改善できます。
【詳細】Windows.oldを削除

アニメーションを一括で無効化

アニメーションを一括で無効化することで処理を軽量化できます。
【詳細】アニメーションを一括で無効化

透明効果を無効化

透明効果を無効化することで、表示速度を改善できます。
【詳細】透明効果を無効化

フォルダーオプションの不要機能を無効化

フォルダーオプションの不要機能を無効化することで、エクスプローラの表示速度を改善できます。
【詳細】フォルダーオプションの不要な機能を無効化

不要ソフトのアンインストール

不要なソフトをアンインストールすれば、その分だけ空き領域が増えて軽量化できます。
【詳細】ソフトのアンインストール

標準で入ってるストアアプリのアンインストール

標準で入ってるストアアプリをアンインストールルすれば、その分だけ空き領域が増えて軽量化できます。
【詳細】10ApsManagerでストアアプリの一括アンインストール
【おすすめ記事】
Windows10入門ガイド

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!