【Windows10】ディスククリーンアップ

Windows10でディスククリーンアップする方法にまとめました。

スポンサーリンク

Jw-CADのインストール

Windows10の標準機能「ディスククリーンアップ」とは、パソコン内の不要なファイルを掃除する機能です。
パソコンを長く使っていると、不要なファイルが溜まってしまい、パフォーマンスを低下させてしまいます。
ディスククリーンアップをすると、空き領域が増え、パソコンを軽量・高速化できます。
(※ディスククリーンアップはパソコンに大きな負荷をかけるため、頻繁にやるのは避けましょう)

その操作手順はつぎのとおりです。

①「スタートボタン」を選択し、メニューから「すべてのアプリ」を選択します。

②「管理ツール」を選択し、その中にある「ディスククリーンアップ」を選択します。

③Cドライブが設定されていることを確認して「OK」を選択します。

④「ディスククリーンアップ」が起動し、下画像のような画面が表示されます。
画面上には、不要だと判断されたファイルの検出結果が表示されています。
その中から削除したいファイルのチェックボックスにチェックを入れます。
一通りチェックを入れ終わり、削除開始する場合は「OK」ボタンを押します。

⑤「ファイルの削除」を選択します。

⑥不要なファイルの削除が始まります。作業が終わると自動的に画面が閉じます。

ディスククリーンアップの基本的な使い方は以上です。

関連記事
1 【Windows10】TeXの使い方・コマンド集
2 【Windows10入門】設定・使い方のガイド
スポンサーリンク
関連記事