Androidエミュレータ入門 (使い方・比較など)

この記事では、Androidエミュレータの使い方や比較について入門者向けに解説します。

スポンサーリンク

Androidエミュレータとは

Androidエミュレータとは、パソコンでAndroidアプリを動かすことが出来るソフトです。
Androidエミュレータで出来ることは以下の通りです。

・パソコン上でAndroidアプリをインストール
・パソコン上でAndroidアプリを起動・操作

ただし、全てのアプリが動くわけではありません。
今回は便利なAndroidエミュレータを一覧にしてまとめて比較してみました。
(高性能で人気な順に並べています)

Nox App Player

「Nox App Player」は、独自にカスタマイズされた仮想マシン上で作られたandroidエミュレータです。
現在はAndroid 4.4.2をベースに開発され、X86とAMDプロセッサーの両方で動作します。
Windows専用ですが、WindowsXP~Windows 10まで幅広いバージョンに対応しています。
WIndowsでは現状、一番アプリが動作しやすいエミュレータです。

【詳細】
【Nox App Player】設定・使い方
公式サイト

Andy

「Andy」 は、有名な仮想マシン「VirtualBox」上で動作するAndroidエミュレータです。
WindowsだけでなくMacにも対応しています。
Nox App Playerと比べると動作するアプリは少ないですが、高性能です。

【詳細】
【Andy】設定・使い方
公式サイト

Bluestacks2

「Bluestacks2」 は、ver1時代は高性能かつ軽量でよく利用されていたAndroidエミュレータです。
WindowsとMac上で使うことができます。
動作するアプリは多いですが、非常に重く、低スペックなパソコンでないと厳しいです。
また、ver2からは無料で使うには、指定されたアプリを定期的にインストールする仕様になりました。

【詳細】
【Bluestacks2】設定・使い方
公式サイト

Genymotion

「Genymotion」は、Androidと同じく仮想マシン「VirtualBox」で動作するAndroidエミュレータです。
Windows、Mac、Linuxに対応しています。
UbuntuなどのLinux系OSでAndroidエミュレータを使うならこれになります。

【詳細】
【Genymotion】設定・使い方
公式サイト

Windroy

Windroyは、Windows専用のAndroidエミュレータです。
仮想マシン上でなくWindowsカーネルで動作します。
対応しているアプリは少ないですが、仮想マシンを用いないので軽量で処理が高速というメリットがあります。

【詳細】
【Windroy】設定・使い方

Remix OS Player

Remix OS Playerは、「Remix OS」をWindows上で動くようにしたエミュレータです。
ゲームに特化しているようですが、アプリを使うには、Playストアを手動でインストールする必要があるそうです。

【詳細】Remix OS Player公式サイト

KOPLAYER

KOPLAYERは、Windows上で動作するエミュレータです。
仮想キーボード、GPSシミュレーション、フォルダ共有などの機能が備わっています。
【詳細】KOPLAYER公式サイト

AMIDuOS

AMIDuOSは、Windows上で動作する有料のAndroidエミュレータです。
現在、LITE版(1100円)とPRO版(1700円)の2種類あるようです。
【詳細】AMIDuOS公式サイト

MEmu

MEmuは、Windows上で動作するエミュレータです。
仮想キーボード、GPSシミュレーション、フォルダ共有などの機能が備わっています。
【詳細】MEmu公式サイト

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!