シェアする

【逆指値注文】使い方まとめ (売り方・損切り)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、逆指値注文を用いた損切りなどの使い方について紹介します。

逆指値注文とは

逆指値注文とは、その名の通り指値注文と逆の注文方法です。
株価が指定した価格より高くなったら「買い」、安くなったら「売り」を行います。

【例】500円の逆指値の売り注文をした場合
500円より株価が下がってしまったら売却します

これを活用することで、暴落リスクを抑えて一定の利益を確保しやすくなります。
手動で常時チャートを見ながら株の売却ができない人にはおすすめの機能です。

【関連記事】
【株入門】始め方を簡単に解説

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする