【大阪天神祭】歴史・日時・花火の時間と穴場など(2018年版)

この記事では、大阪天神祭の歴史・日時・花火などについてまとめました。

スポンサーリンク

天神祭とは

天神祭とは、日本中の天満宮(天神社)で開催される祭りです。
そのため、大阪以外でも「天神祭」が天満宮の菅原道真の縁日である25日前後に開催されます。

大阪では、生玉夏祭(生國魂神社)や住吉祭(住吉大社)と並ぶ大阪三大夏祭りの一つとして有名です。
特に大阪天神祭の5000発花火は多くの観光客が訪れます。

大阪天神祭の開催期間

大阪の天神祭の2017年度の開催期間は以下の通りでした。

説明
1日目(7月24日) 天神祭宵宮
2日目(7月25日) 天神祭本宮(19:30~21:00に花火大会)

※天神祭奉納花火は2日目のみとなります。

花火の穴場スポット

天神祭の穴場花火スポットを以下にまとめました。

場所 最寄り駅
OAPタワー付近 JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」
川崎橋 JR東西線「大阪城北詰駅」
都島橋 JR大阪環状線「桜ノ宮駅」
源八橋 JR大阪環状線「桜ノ宮駅」
桜宮橋 JR・京阪・地下鉄「京橋」駅
桜之宮公園 JR大阪環状線「桜ノ宮駅」
スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!