シェアする

【電車バス通勤】交通費手当の課税額(税金)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、電車バス通勤による通勤手当の課税額(源泉徴収税額)と距離の関係について紹介します。

通勤手当の課税額(電車・バス)

電車・バスの通勤手当(交通費)は、「一定の限度額を下回る場合は非課税」となります。
その限度額は1か月当たり15万円となります。

ただし、以下の条件を満たさない場合は、非課税の対象となりません。

・最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合

最も経済的かつ合理的な経路及び方法 の基準ライン

最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合の基準は以下の通りです。

新幹線通勤・・・セーフ
グリーン車・・・NG

【参考文献】https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2582.htm

課税額の計算方法

限度額を超える交通費(通勤手当)が支給された場合、超過分の金額が給与扱いとなり課税(源泉徴収)されます。

尚、自動車・自転車通勤の場合は、課税方式が異なります。(詳細は下記ページ参照)
【自動車・自転車通勤】交通費手当の課税額(税金)

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする