シェアする

【確定申告】所得控除の対象一覧

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、確定申告で所得控除の対象となる控除の種類について紹介します。

所得控除とは

所得控除とは、確定申告などで所得税・住民税を計算するときに、所得から差し引かれ、非課税になる金額です。

所得控除の対象

所得控除の対象になるもの控除の種類は以下の通りです。

基礎控除
38万円の控除。

【医療費控除】
一定額以上の医療費の支払がある場合の控除。

【社会保険料控除】
健康保険料や国民健康保険料(税)、後期高齢者医療保険料、介護保険料、国民年金保険料
などの支払がある

【生命保険料控除】
新(旧)生命保険料や介護医療保険料、新(旧)個人年金保険料の支払がある場合の控除。

【地震保険料控除】
地震保険料や旧長期損害保険料の支払がある場合の控除。

【扶養控除】
控除対象扶養親族がいる場合の控除。

【配偶者控除】
控除対象配偶者がいる場合の控除。

【配偶者特別控除】
あなたの合計所得金額が1,000万円以下で、配偶者の合計所得金額が38万円を超え76万円未満である場合の控除。

【障害者控除】
あなたや控除対象配偶者、扶養親族が障害者である場合の控除。

【勤労学生控除】
あなたが勤労学生である場合の控除。

【寄附金控除】
国に対する寄附金やふるさと納税(都道府県・市区町村に対する寄附金)、特定の政治献金などがある場合の控除。

【寡婦・寡夫控除】
あなたが寡婦又は寡夫である場合の控除。

【小規模企業共済等掛金控除】
・小規模企業共済法の共済契約に係る掛金
・確定拠出年金法の企業型年金加入者掛金
・個人型年金加入者掛金
・心身障害者扶養共済制度に係る掛金
の支払がある

【雑損控除】
災害や盗難、横領により住宅や家財などに損害を受けた場合の控除。

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする