シェアする

個人事業主・法人の違い(メリット・デメリット)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、個人事業主・法人の違い(メリット・デメリット)について解説します。

個人事業主・法人の違い

独立・開業には、「個人事業主」と「法人」の2パターンがあります。
それぞれの主な違いは以下の通りです。

項目 個人事業主 法人
開業手続き 開業届の提出 定款作成・登記
開業費用 0円 10〜30万円程度
廃業手続き 要届が必要 解散登記・公告等が必要
廃業費用 0円 数万円程度
節税 経費に入る項目が少ない 経費に入る項目が多い
赤字繰越可能年数 3年(青色申告) 9年
社会的信用 低い 高い(取引相手、採用候補者)
会計・経理 確定申告 法人決算書・申告
生命保険 所得控除 全額経費
社会保険 会社負担分なし(5人未満) 会社負担分あり

メリット・デメリット

個人事業主(白色・青色申告)は開業・廃業等の手続きが簡単で、費用も少ないというメリットがあります。
その変わり、節税効果や社会的信用は法人に劣るというデメリットがあります。
また、個人事業主の確定申告には「白色申告」と「青色申告」の2つがあります。
青色申告は白色よりも控除額が大きく、節税効果が大きい反面、帳簿付けが複雑というデメリットがあります。
また、青色申告する場合は開業届だけでなく、青色申告承認申請書を税務署へ提出し、認可を受ける必要があります。

選択の目安

選択の目安としては、売上が数百万円程度と低い場合は個人事業主を選ぶといいでしょう。
売上が1000万円を超えるようでしたら、税理士などに相談し、法人を選ぶのも手です。

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする