【介護保険料】普通徴収と特別徴収の違い・意味

この記事では、介護保険料における徴収方法(普通・特別)の違いについて紹介します。

スポンサーリンク

介護保険料の納付方法徴収

介護保険料の納付方法は、普通徴収と特別徴収の2種類あります。
それぞれの違いは以下の通りです。

普通徴収

普通徴収は、納付書により介護保険料を納めます。
老齢福祉年金と恩給は、受給額に関係なく普通徴収になります。
また、特別徴収対象年金を受給していないか、特別徴収対象年金を受給されていても、下記に該当する場合は普通徴収となります。

・支給年金額が年間18万円未満の方
・4月1日以降に65歳になられた方
・転入された方
・年金受給権を担保に供している方
・住基ネット又は届け書等による現況確認のとれない方
・年度途中での介護保険料段階の減額変更
・年度途中での基礎年金番号の変更
・上半期納付分のみで、端数分を残し年間保険料を既に納付した場合

※上記対象者の方は、おおむね6カ月~12カ月後、特別徴収に変更されます。

特別徴収

特別徴収は、年金天引きにより介護保険料を納めます。
国民・厚生・共済などの老齢・退職を支給事由とする年金及び遺族年金・障害年金を年間18万円以上受給されている人が年金天引きになります。
年度の途中で 65歳になられた人や鈴鹿市に転入された人は、当初普通徴収により保険料を納めることになります。

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!