【自動車・自転車通勤】交通費手当の課税額(税金)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、自動車・自転車による通勤手当の課税額(源泉徴収税額)と距離の関係について紹介します。

通勤手当の課税額(自動車・自転車)

マイカーや自転車の通勤手当は、通勤距離に応じた限度額まで非課税となっています。
1ヶ月の通勤手当に対する非課税の限度額は以下の通りです。

片道通勤距離 1か月当たりの限度額
0~2km 0円(全額課税)
2~10km 4,200円
10~15km 7,100円
15~25km 12,900円
25~35km 18,700円
35~45km 24,400円
45~55km 28,000円
55km~ 31,600円

※〇〇~△△万円・・・〇〇万円以上、△△万円未満
【参考文献】https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

課税額の計算方法

限度額を超える通勤手当が支給された場合、超過分の金額が給与扱いとなり課税(源泉徴収)されます。

尚、電車バス通勤の場合は、課税方式が異なります。(詳細は下記ページ参照)
【電車バス通勤】交通費手当の課税額(税金)

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!