【Twitter】アナリティクスの使い方(公式のアクセス解析)

Twitterアナリティクスの基本的な使い方について入門者向けにまとめました。

スポンサーリンク

Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスとは、文字通り「ツイッターのアクセス解析ツール」です。
「どんな人が自分のツイッターを見ているのか」といった情報を閲覧でき、Twitterでマーケティングする際などには便利なツールです。
今回は、Twitterアナリティクスの使い方をまとめました。

Twitterアナリティクスにログイン

① Twitterにログインします。

② Twitterの右上にある自分のアイコンをクリックし、[アナリティクス]をクリックします。

③ するとTwitterアナリティクスの管理画面にログインできます。
※「有効化」を促されたら有効化してください

ホーム画面の機能

Twitterアナリティクスにログインすると[ホーム]画面が表示されます。

① デフォルトでは、「過去28日でのパフォーマンスの変動」が表示されます。
確認できるパフォーマンスの項目は次の通りです。

項目 説明
ツイート 自分のツイート数
ツイートインプレッション 自分のツイートが他のユーザーに表示された回数
プロフィールへのアクセス プロフィール画面が他のユーザーに表示された回数
@ツイート 自分宛ての@ツイートの数
フォロワー フォロワーの数
関連するツイート 「Twitterカード」が埋め込まれた自分のWebページのURLがつぶやかれた回数です。

ツイートアクティビティ画面の機能

① 画面上のメニューバーから「ツイート」をクリックすると、ツイートアクティビティ画面に移動できます。

② 最上部のグラフは、過去28日間における「自分のツイート数」と「そのインプレッション数(表示数)」を表しています。
※グレー色の棒がツイート数、青色の棒がインプレッション数、

③ その下には、各ツイート毎の「インプレッション数(表示数)」、「エンゲージメント(反応)」「エンゲージメント率」が表示されます。

用語 説明
エンゲージメント ツイートに対する反応(「リンクのクリック数」「いいね」「リツイート」「ツイートの詳細のクリック数」「プロフィールのクリック数」など)
エンゲージメント率 ツイートを表示した人のうち、どのくらいの人が反応したかを示す値(高いほど関心の高いツイートを示す)
計算式 エンゲージメント率 = (エンゲージメント÷インプレッション)×100

オーディエンス画面の機能

① 画面上のメニューバーから「オーディエンス」をクリックすると、ツイートアクティビティ画面に移動できます。

② 最上部では、フォロワーの「概要」「言語圏」「ライフスタイル」「携帯電話会社」のうち、最多のものが表示されます。

② その下には、「概要」「言語圏」「ライフスタイル」「携帯電話会社」毎のランキングが表示されます。

関連ページ
1 【Twitter入門】基本操作・使い方まとめ]
2 Windows10入門ガイド(設定・使い方)
スポンサーリンク
関連記事