【食材宅配】メリット・デメリットを比較

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、食材宅配サービスの利点・欠点について解説します。

食材宅配とは

食材宅配とは、その名の通り、食材をネット等で注文して家に宅配してくれるサービスです。
代表例としては昔からある生協(コープ)が有名です。

近年は、ネットの普及により食材宅配のサービスが増えています。
今回はそれを利用するメリットとデメリットを比較してみました。

食材宅配のメリット

食材宅配の主なメリットは以下の通りです。

①時間と労力の節約

ネットで注文して自宅に届くので、わざわざスーパーまで行って買い物する時間と手間を省くことが出来ます。
子育てや仕事などで忙しい人ほど恩恵のある利点です。

②安全性が高い

サービスにもよりますが、食材宅配の商品は食材の産地等の情報を細かくチェックすることができます。
スーパーでは、大まかな産地しかわかりませんが、ネットスーパならば、無添加無農薬なのかといったようなことまで調べることが出来ます。

③珍しい商品が多い

例えば田舎味噌・漬物など、都会のスーパーには置いていないような貴重な商品も買うことが出来ます。

④調理法などアドバイス情報が豊富

最近は食材のおすすめレシピ付きのサービスが増えています。
これにより、効率よくおいしいメニューを作ることが出来ます。

食材宅配のメリット

食材宅配の主なデメリットは以下の通りです。

値段が割高になりやすい

宅配サービスなので、送料分が食材の価格に上乗せされることになります。
また、年会費や入会費、手数料などといった別途利用料金がかかるサービスもあります。
そのため、スーパーの価格より値段が割高になりがちです。
アマゾンなどと同様、何円以上購入で配送料無料になったりするので、そのへんはしっかりチェックしましょう。

配送エリア外のサービスは利用できない

食材宅配サービスには、配送エリアがあります。
このエリア内に住所がない場合は、そのサービスを受けることができません。
そのため、田舎ほど使用できるサービスが少なくなります。

時間がかかる

ネットで注文してから自宅に配送されるまでに時間がかかります。
生協などのサービスだとだいたい一週間程度です。

まとめ

食材宅配は、安全で品質が良い商品を短時間で入手できるという利点があります。
一方で、自宅に届くまでに時間がかかったり割高になりがちです。

ちなみに私の場合は、生協とスーパーを両方利用しています。
安いメーカー品はスーパーの特売で購入します。
一方、肉、魚、野菜、田舎味噌などは生協で購入しています。(味は生協の方がかなり美味しいです)

それぞれのメリット・デメリットを理解し、効果的に使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!