【ホワイト企業】仮眠・居眠りを推奨する会社

この記事では、仮眠を推奨するホワイト企業・会社の取り組みについて解説します。

スポンサーリンク

仮眠推奨の企業

近年は仮眠を推奨するホワイト企業(外資系やベンチャー中心)が増えてきています。
例を挙げると、仮眠を推奨している企業はGoogle等があります。

日本では居眠りは悪

しかし、日本の多くの企業では、仕事中に仮眠(居眠り)をすると

「仕事中に居眠りするのは社会人として恥ずかしい行為だ」
「給料を貰っているのに居眠りするとは何事だ」
「上司が働いているのに寝るとかけしからん」

などと感情的・倫理的な理由で上司から注意・処分されてしまいます。

アメリカでは居眠りを推奨

一方、アメリカでは26分仮眠すると業績が34%、集中力は54%高まるという研究結果が発表されています。
これにより、職場に昼寝スペースを設けるなどして居眠り・仮眠を推奨する企業が増えてきています。

まとめ

無理に効率悪く仕事を続けるよりも、10〜20分、仮眠を取ったほうが良いと私は思います。
こういった差が日本の生産性効率の悪さにつながっているのでしょう。
勿論、仮眠を許可すると悪用してサボる人間も出てくるでしょう。
なので、居眠り許可を推奨しやすいのは、どうしても成果報酬制を敷いている企業になってしまうのでしょう。

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!