【WiMAX 2+】使い放題プランの通信制限(2017年版)

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、2017年におけるWiMAX 2+の使い放題プラン(ギガ放題)の通信制限のメリット・デメリットについて解説します。

通信速度の規制条件が変更

WiMAX 2+の使い放題プラン(ギガ放題)は2017年2月2日より大幅に規制条件が変更になりました。
今回の条件変更はユーザーによってメリット・デメリットが賛否が別れます。
今回はそれらについて詳しく解説します。

メリット①:制限条件緩和(3日間3GB→3日間10GB)

これまでは「3日間で3GB以上」通信した場合に通信速度が制限されていました。
これが2017年2月2日からは3日で10GB以上と、規制条件が大幅に緩和されました。

メリット②:規制時間帯緩和(1日中→18時~翌日2時)

これまでは規制されると1日中(13時から翌日13時)速度制限が実施されていました。
しかし、が2017年2月2日からは規制時間帯が18時~翌日2時までとなります。

デメリット①:制限時の通信速度低下(4Mbps程度→1Mbps程度)

これまでは通信速度が制限されても、「4Mbps」程度は出ていました。
UQ公式では、通信制限時の速度はYouTube 720p動画視聴可能水準と定めています。
なので、ヘビーユーザでなければ通信制限に引っかかってもほとんど問題ありませんでした。
(私も艦これとニコニコ動画くらいしかしないので、家族合わせて1日20GBくらいガンガン使っていました)

これが2017年2月2日からは制限時の通信速度が「1Mbps」となります。
これは、YouTubeの360p動画を視聴可能な程度水準です。

つまり、制限中の通信速度が約4倍も低下することになります。

結論・今後の展望

今回の条件変更をまとめると下記の通りです。

【メリット】
・制限条件の緩和(3日間3GBから3日間10GB)
・規制時間帯の緩和(1日中→18時~翌日2時)
【デメリット】
・制限時速度の低下(4Mbps程度→1Mbps程度)

私のような3日で10GB以上使ってきたユーザーにとってはデメリットが上回る結果となります。
Wimaxの使い放題を家族共用で使っている人も多いと思いますが、今後はそういった使い方が厳しくなります。

PS4やPCゲームのオンライン対戦も厳しいでしょう。
逆に1人暮らしのライトユーザーにとってはメリットが上回ると思います。

【参考文献】
WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について

【関連記事】
【格安SIM】使い放題プランの比較(2017年版)

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!