SSLとは?SEO効果やメリット・デメリットなど

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、SSLの仕組みやSEO対策での効果、メリット・デメリットなどについて初心者向けに解説します。

SSLとは

SSL(Secure Sokets Layer)とは、インターネット上で暗号化しながらデータをやり取りする仕組みです。
つまり、Webサイト(サーバー側)と閲覧者(ユーザー側)の間で通信する際に暗号化を行います。
暗号化することで、第三者からデータを盗み見られたり改ざんされることを防ぐことができます。
(第三者・・・データを経由するルーターやサーバーの管理人など)
SSLが使用されているサイトは、URLが「http」ではなく「https」から始まります。

常時SSL化とは

常時SSL化とは、サイトのWebページをすべてSSLで暗号化することです。
昔は個人情報を入力するページだけがSSL化されていましたが、常時SSL化では他のページも全てSSL化します。
2014年にGoogleが常時SSL化されたサイトを検索で優遇すると発表して以降、常時SSL化するサイトが増加しています。

常時SSL化のメリット

Webサイトを常時SSL化するメリットは以下の通りです。

・サイトの信頼性向上
・セキュリティの強化
・SEO対策に有利(検索上位になりやすい)

常時SSL化のデメリット

Webサイトを常時SSL化するメリットは以下の通りです。

・コストがかかる
・サイトの修正に手間がかかる
・SSLに非対応の広告を使えない(アフィリエイター向け)
・リファラーが渡せない(まとめサイト管理人向け)

デメリットの詳細・解決策

常時SSL化のデメリットの詳細と解決策は次の通りです。

コスト面について

常時SSL化すすると、SSLサーバ証明書の発行に費用がかかります。
その金額は、証明書や認証局によって、無料~年数万円程度かかるものがあります。
なので、無料のモノを使用すればコスト面の問題は解消されます。
【解決策】
筆者は、WpXレンタルサーバーの無料で使える「常時SSl化機能」を使用しています。
このように、無料で常時SSL化を提供しているレンタルサーバーを使うと良いです。

サイトの修正に手間がかかる

サイトを常時SSL化するには、サイト内で読み込んでいるコンテンツ(画像、CSS、JSなど)のURLを「htpps」に変更する必要があります。
httpのままだと警告が表示されたり読み込みが拒否されます。
【解決策】
筆者は、WpXレンタルサーバーの「常時SSl化機能補助機能」とワードプレスのプラグイン「Search Regex」を使用して短時間で修正しました。
「常時SSl化機能補助機能」では、ワードプレスのコンテンツ(画像、CSS、JSなど)のURLをhttpsに一括変換する機能があり、それを使いました。
それでも一部変換されなかった箇所があったので、記事内の文字列を置換するプラグイン「Search Regex」を使って修正しました。
修正に要した時間は、1サイトにつき5~10分程度でした。

SSLに非対応の広告を使えない

常時SSL化サイトでは、アフィリエイト広告もSSL化されていないと使用することができません。
そのため、使用できる広告の種類が制限されてしまいます。
広告の種類が減るので結果的に収益も減少するという意見が多いです。

リファラーが渡せない

httpsになると、httpのサイトにリファラーを渡すことができなくなります。
つまり、相互リンク先やアンテナサイトが常時SSL化されていないと逆アクセスにカウントされなくなります。
こればかりはSSLの仕様なので解決策はありません。

まとめ

企業サイト系の場合は、常時SSL化をすることで受けられるメリットは非常に大きいです。
アフィリエイト系の個人サイトの場合は、広告収入減少のデメリットもあるため、常時SSL化するかどうか慎重に考えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!