【Googleサーチコンソール】Fetch as Googleで記事登録

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Google Search Console(グーグル・サーチコンソール)のFetch as Google機能で新規作成した記事を高速でインデックスさせる方法について解説します。

Fetch as Googleとは

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)には、新規作成した記事をすぐに検索に反映できるFetch as Google機能があります。
これは大変重宝する機能で、記事URLを入力すると、数分後に検索結果に表示されるようになります。
1分の早さを競うニュース系サイトや、なかなか検索に反映されない新参サイトにとっては必須アイテムとなっています。

Google公式が提供してくれているツールですので安心して使用できます。

記事登録の手順

記事を登録する手順は以下の通りです。

①Googleサーチコンソールにログインします。
※アカウント作成してない人は先に済ませる必要があります。

②左側メニューから「クロール」→「Fetch as Google」と選択していきます。

③検索結果に反映させたい記事URLを入力して「取得」ボタンをクリックします。

④ステータスが「成功」と表示されたら「インデックス登録を送信」ボタンをクリックします。

⑤「私はロボットではありません」と「このURLのみクロールする」をチェックし、「OK」ボタンをクリックします。

⑥ステータスが「完了」となれば成功です。
数分後にGoogleの検索結果に反映されるようになります。

【関連記事】
【Fetch as Google】一時的にアクセスできません エラーの対策
【Google Search Console】設定・使い方

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!