【Mac】隠しファイルを表示するコマンド、ショートカット

macOSで隠しファイルを表示するコマンド、ショートカットについて解説します。

【はじめに】隠しファイル・隠しフォルダとは

隠しファイルとは、ユーザーの誤操作で内容が変更されると困るファイルを簡単に操作できないよう見えない化されたファイルです。

隠しファイル・フォルダの例 概要
「.bash_profile」「.bashrc」 環境パス設定用のファイル(homeディレクトリにあるがfinderでは見えないようになっているがls -aコマンドで確認し、echoコマンドで編集できる)
.ssh SSHを管理するファイル
ライブラリ 環境設定や個人フォントの設定などのファイルを格納するディレクトリ
ゴミ箱 削除したら取り消せない

今回は、この隠しファイル・フォルダをFinderでも見れるようにする方法を紹介します。

【ターミナル】隠しファイルを表示する方法①

① ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

② Finderを終了します。

$ killall Finder

③ 再度、Finderを開くと、隠しフォルダ・隠しファイルが表示されます。

【ショートカット】隠しファイルを表示する方法②

① [command] + [shift] + [.(ドット)]のショートカットキーで隠しファイルの表示・非表示を切り替えられます。
こちらの方が必要なときだけに表示できるので安全です。

関連記事
【Mac入門】基本設定、使い方、カスタマイズ術
Mac
関連記事
ミニマ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました