シェアする

【脳卒中の発見法】バレーアームサインのやり方

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、脳卒中等の脳の麻痺症状を簡単に発見できる「バレーアームサイン」のやり方ついて紹介します。

バレーアームサインのやり方

①両腕を前に伸ばします。
②両腕を肩の高さに揚げます。
③手のひらを上にします。
④目をつぶって、10秒間そのままの状態を維持します。
⑤10秒後に目を開けて、腕の状態が変化していないか確認します。
※脳や身体に麻痺があると、手が左右に回ったり、腕が下がっていたりします。

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

フォローする