黄身が赤い卵、黄色い卵は栄養価・味が同じ

この記事では、生卵の黄身色が濃い(赤い)のとそうでないものを比較して栄養価・味が同じ件ついて紹介します。

スポンサーリンク

栄養価・味は同じ

卵の黄身の色の濃さと栄養価はほとんど同じです。
一部例外もありますが、基本的には、栄養成分の構成も量もカロリーも変化ありません。

そのため、味も同じとなっています。

色に違いが出る理由

卵の黄身の色の濃さの違いは、鶏のエサによって変わります。
黄身が普通のニワトリは、トウモロコシが餌です。
一方、色が濃いニワトリには、赤色のパプリカを混ぜた飼料を与えます。

餌の色素が卵の色を変化させているのです。

わざわざ色を濃くしている理由は、美味しくて栄養価が高いという消費者の誤解を狙ってのことだそうです。

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!