移動平均線とは(計算・見方・種類・期間など)

この記事では、投資における移動平均線(MA)の意味、計算、種類、期間、見方などについて紹介します。

スポンサーリンク

移動平均線とは

移動平均線とは、一定期間の終値の平均をつないだ線です。
例えば、3日移動平均線といえば、直近3日間の終値の平均値を1日ずつズラして線を作成します。

移動平均線の計算例

【例】

終値
1日 540円
2日 560円
3日 550円
4日 510円
5日 520円

【移動平均線の作成手順】
①1~3日目の終値の平均値550円を3日目の点にプロットします。
②2~4日目の終値の平均値540円を4日目の点にプロットします。
③3~5日目の終値の平均値530円を5日目の点にプロットします。

移動平均線の意味

移動平均線は、直近○日間の終値を平均することで求めていました。
これは、今の株価が強い動きをしているのかどうかを示しています。

移動平均線の見方

基本的には、以下の2つのポイントを見ます。移動平均線が現在の株価の上下どちらにあるかを見ます。

①株価と移動平均線の位置関係(上・下)

株価が移動平均線の上にある場合・・・強気局面(購入重視)
株価が移動平均線の下にある場合・・・弱気局面(売却重視)

②移動平均線の傾き(上昇・下降)

上昇・・・強気局面(購入重視)
下降・・・弱気局面(売却重視)

※白い線・・・移動平均線
ロウソク足(緑・赤の棒)・・・株価(上が最高値、下が最安値)

強気局面と弱気局面

強気局面では、移動平均線が支持線(下げ止まりの転換点)になる場合が多いです。
弱気局面では、抵抗線(上げ止まりの転換点)となっている場合が多いです。

移動平均線の種類と選択

移動平均線でよく使われる期間は以下の通りです。

種類 期間数
日足 5日、25日、75日、200日
週足 13週(約3ヶ月)、26週(約半年)、52週(約1年)
月足 12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月

日足の200日はグランビルの法則でよく使われる期間です。

これらの期間は、自分の売買にあわせて選択します。
短期の動きを予測する場合は、5日~25日、中期なら25~75日、長期なら75~200日を見ることが多いです。
日数が多いほど長期の動きを示すことになります。

75日線がトレーダーに一番良く使われているようです。

【関連記事】
【株入門】始め方を簡単に解説

スポンサーリンク

シェア&フォローお願いします!