【iPhone】カメラで撮影した動画の向きを縦から横へ変換

iPhoneでカメラで撮影した動画の向きを縦から横へ変換する方法について紹介します。

【はじめに】iMovieアプリ

iPhoneでカメラで撮影した動画の向きが縦や横になってしまい、回転させたい場合があります。
その場合は、iMovieというapple公式の無料動画編集アプリを使うと便利です。

【iMovie】動画の向きを縦・横に回転

① 下記リンク先よりiMovieをインストールします。
https://itunes.apple.com/jp/app/imovie/id377298193

② iMovieを起動し、画面右下にある[+]ボタンをタップして、新規プロジェクトを作成します。

③ 新規プロジェクトの作成メニューから[ムービー]を選択します。

④ 画面右上にある[作成]ボタンをタップします。

⑤ 画面中ほどの左側にあるフィルムと音符が組み合わされたアイコンのボタンをタップします。

⑥ 動画の選択画面が開いたら縦向きから横向きへと修正したい動画をタップします。表示されたメニュー中から下向き矢印をタップします。
すると、選択された動画(向きを修正したい動画)が読み込まれます。

⑦ 画面の上半分を指2本で触れ、回転したい方向に回します。すると、その方向に合わせて動画も回転します。
[再生]ボタンをタップすると、動画をプレビューできます。

⑧ 回転できたら画面左上にある[ < ]ボタンをタップします。

⑨ 画面下の真ん中にある[共有]ボタンをタップします。

⑩ [ビデオを保存]を選択します。

⑪ 好きな画質を選択します。

⑫ 動画の書き出しが終わったら[OK]ボタンをタップします。
動画が保存されたらホーム画面へもどり、写真アプリを起動し[アルバム] > [ビデオ]とたどれば、保存した動画を確認できます。

関連記事
1 【iPhone入門】使い方まとめ
iPhone
関連記事
ミニマ日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました