【法人】登記簿謄本と登記事項証明書の違い

登記簿謄本と登記事項証明書の違いについてまとめました。

スポンサーリンク

登記簿謄本と登記事項証明書の違い

登記簿謄本と登記事項証明書の違いは次のとおりです。

項目 概要
登記事項証明書 法務局のコンピューターに保管されている登記事項のデータを証明書として印刷したもの。
登記簿謄本 法務局が保管している登記事項を記載した用紙をコピーしたもの

つまり、証明内容は同じですが、登記事項が記載されている元の媒体が異なります。

参考文献・関連ページ
1 【公務員入門】起案・財務会計・事務の基礎
スポンサーリンク
関連記事