【ラーニングピラミッドとは】平均学習定着率・出典・研究論文

ラーニングピラミッドとは?平均学習定着率の意味と研究論文についてまとめました。

スポンサーリンク

【はじめに】ラーニングピラミッドとは

ラーニングピラミッドとは、「平均学習定着率」をピラミッド構造で表した図のことです。
アクティブラーニングの重要性を説明する資料によく出てきます。
次のように、教育が能動的であるほど学んだことの定着率が高くなるというものです。

種別 定着率
講義で学習 5%
本・資料で学習 10%
映像(動画など)で学習 20%
実演で学習 30%
ディベートで学習 50%
実践による学習 75%
他者に教えることによる学習 90%

出典・研究論文

出典・研究論文
1 A REBUTTAL OF NTL INSTITUTE’S LEARNING PYRAMID. By: LETRUD, KÅRE. Education. Fall2012, Vol. 133 Issue 1, p117-124. 8p.
2 “NTL Insdtute, Personal Communicadon,October 14. 2009”
参考文献・関連ページ
1 【公務員入門】起案・財務会計・事務の基礎
スポンサーリンク
関連記事