【契約分類とは】オペレーティングリース、ファイナンスリース、修理、改造、修繕、保守の違い

契約分類とは?オペレーティングリース、ファイナンスリース、修理、改造、修繕、保守の違いをまとめました。

スポンサーリンク

【はじめに】契約分類とは

契約分類とは、「契約内容をより具体的に表示させる」物です。
主な分類として「オペレーティングリース」「ファイナンスリース」「修理」「改造」「修繕」「保守」などがあります。

主な契約分類
オペレーティングリース ファイナンスリース以外のリース取引の契約です。(例:賃貸借)
ファイナンスリース 所有権が借り手に移転すると認められるリース取引の契約です。実体としてリース物件に対する融資としての性格が強いです。(総額300万円以上は資産計上)
① リース期間の中途での解約が、契約上あるいは事実上不能であること。
② 経済的利益とリスクが実質的に借手に帰属すること。
③ リース物件の所有権が借手に移転する。
④ リース物件の取得価格の概ね90%以上がリース料として支払われる。
⑤ リース期間が耐用年数の概ね75%以上である。
修理 固定資産及び備品の修理契約です。機械の故障の原因や問題の部品を調査し、要因を取り除き再発しないようにします。
改造 固定資産及び備品の改良を行う契約です。
修繕 固定資産及び備品の修繕を行う契約です。建物・設備等の通常の維持管理のため、又は一部が毀損した建物・設備等につきその原状を回復するためのもの。
保守 固定資産の機能を「正常な状態に維持」するための定期的な点検等を行う契約です。を維持できるように手入れすること。点検、整備などの作業が含まれる。
その他契約 上記以外の契約です。
参考文献・関連ページ
1 第13章 政府調達 – 経済産業省
2 【公務員入門】起案・財務会計・事務の基礎
スポンサーリンク
関連記事