【法人用】登記事項証明書の取得・請求方法(手数料)

登記事項証明書とは?取得・請求方法(手数料)についてまとめました。

スポンサーリンク

【はじめに】登記事項証明書とは

登記事項証明書とは、「法務局のコンピューターに保管されている登記事項のデータを証明書として印刷したもの」です。
大きな契約(車や不動産の購入など)を結ぶ場合などに法人証明書として「登記事項証明書」を用意するケースが多いです。

登記には「商業登記」「不動産登記」があります。

概要
商業登記 会社法、商業登記法またはその他の法律、命令などにより登記すべき事項として定められているもの。
不動産登記 各不動産の外観や権利関係を第三者に明らかにするために、不動産登記法によって公示が要求される情報。

【法人用】登記事項証明書の請求方法・手数料

登記事項証明書の取得手続きは次の3通りあります。(手数料もそれぞれ異なります)

方法 手数料(1通)
オンライン請求(法務局の窓口で受取) 480円
オンライン請求(郵送で受取) 500円
法務局の窓口で請求・受取 600円

※法務局の窓口で請求する場合、「登記事項証明書交付申請用紙」に必要事項を記入して窓口に申請します。

印鑑証明書の請求方法は「法務局の窓口」「オンライン申請」「郵便」の3パターンがあります。

参考文献・関連ページ
1 【公務員入門】起案・財務会計・事務の基礎
スポンサーリンク
関連記事