【法人用】印鑑登録証明書の取得・請求方法(手数料)

印鑑登録証明書とは?取得・請求方法(手数料)についてまとめました。

スポンサーリンク

【はじめに】印鑑登録証明書とは

印鑑登録証明書(通称:印鑑証明書)とは、本人もしくは法人が自治体で登録している「実印」のことです。
大きな契約(車や不動産の購入など)を結ぶ場合などに「印鑑証明書」を用意するケースが多いです。
に「印鑑届書」というものを提出する必要があります。

【法人用】印鑑登録証明書の請求方法・手数料

印鑑登録証明書の取得手続きは次のようになります。

項目 概要
請求先 最寄りの「法務局」
請求者 法人の代表、もしくは代理人(委任状の必要なし、印鑑カードは必要)
必要なもの 「代表者印」「印鑑カード(代理人は必要)」
印鑑カード 法人の印鑑証明書を発行する際に必要(法人印の登録時に貰える)
手数料 450円(1通あたり)

印鑑証明書の請求方法は「法務局の窓口」「オンライン申請」「郵便」の3パターンがあります。

【請求方法①】法務局の窓口

法務局の窓口で印鑑証明書の請求をする手順は次のとおりです。

①「印鑑登録証明書交付申請書」に以下の事項を記入します。

印鑑登録証明書交付申請書の記入事項
1 会社の商号
2 会社等の住所
3 印鑑提出者の資格
4 氏名
5 出生年月日
6 印鑑カードの番号(代理人の場合のみ)

②収入印紙(手数料450円分)、もしくは登記印紙を「印鑑登録証明書交付申請書」に貼り付けす。

③最寄りの法務局窓口に「印鑑登録証明書交付申請書」を提出します。

【請求方法②】オンライン申請

①「法人の電子証明書」を法務局へ申請し、取得します。
登記・供託オンライン申請システム 登記ねっと 供託ねっと

②一度電子証明書を取得すれば、オンライン申請ページで「印鑑登録証明書交付申請書」を請求し、郵送してもらえます。

【請求方法③】郵送

①「印鑑登録証明書交付申請書」に以下の事項を記入します。

印鑑登録証明書交付申請書の記入事項
1 会社の商号
2 会社等の住所
3 印鑑提出者の資格
4 氏名
5 出生年月日
6 印鑑カードの番号(代理人の場合のみ)

②「印鑑登録証明書交付申請書」「収入印紙」「返信用封筒」「郵便切手」「印鑑カード」を書留などで法務局へ郵送します。

参考文献・関連ページ
1 【公務員入門】起案・財務会計・事務の基礎
スポンサーリンク
関連記事