【Excel関数】「COUNTIFS」で複数の条件を満たす個数のカウント

ExcelのCOUNTIFS関数で複数の条件を満たすセルの数をカウントする方法についてまとめました。

スポンサーリンク

COUNTIFS関数で複数の条件付きカウント

Excelでは、COUNTIFS関数で指定した複数の条件を満たすセルの数を計算できます。

=COUNTIFS(範囲1, 検索条件1, 範囲2, 検索条件2)
引数 説明
範囲 カウントしたいセルの範囲
検索条件 カウントしたセルの条件(比較演算子やワイルドカードなどを記述)

検索条件の指定方法(比較演算子、ワイルドカード)

COUNTIF関数の第2引数(検索条件)には、比較演算子やワイルドカードを記述します。

主な比較演算子は次の通りです。

比較演算子 意味 記述例 記述例の意味
= 等しい = 5 5と等しい
<> 等しくない <> 5 5以外
> 大きい > 5 5より大きい
< 小さい < 5 5より小さい
>= 以上 >= 5 5以上
<= 以下 <= 5 5以下

主なワイルドカードは次の通りです。

パターン 意味 記述例 該当例
* 任意の長さの文字 わ* 「わい」「わたし」「わかやま」など
? 任意の1文字 わ? 「わい」「わか」など
記述例 説明
COUNTIFS(A2:A5, A2) 「A2セルの値と同じセルの個数」をA2~A5セル内で検索してカウント
COUNTIFS(A2:A5,”<>10″) 「値が10以外のセルの個数」をA2~A5セル内で検索してカウント
COUNTIFS(A2:A5,”エクスカリバー”) 「値がエクスカリバーのセルの個数」をA2~A5セル内で検索してカウント
COUNTIFS(A2:A5,”ご*”) 「”ご”で始まるセルの個数」をA2~A5セル内で検索してカウント

COUNTIFSの例題

以下のシートから「沖田」という氏名の数をカウントします。

A B C
1 氏名 英語 数学
2 アルトリア 95 30
3 ジャンヌ 85 75
4 沖田 45 65
5 = COUNTIFS(B3:B5,”沖?”, B3:B5,”?田”)

※B3~B5セルに「沖 + 任意の1文字」「任意の1文字 + 田」を含むセルは1つなので「1」が表示されます

関連記事
1 【Excel】関数入門・例題まとめ
2 【Excel/VBA】マクロ入門
スポンサーリンク
関連記事