【不定詞】名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法の違い

不定詞の3用法である「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」の違いと例文について英語入門者向けにまとめました。

スポンサーリンク

不定詞とは

不定詞とは、「to + 動詞の原形」で構成される文です。
「動詞の原形」とは、現在進行形や過去形でない動詞の普通の形のことです。

簡単にいうと、動詞の前にtoをつけると「名詞」「形容詞」「副詞」のように扱うことができるというものです。
これを不定詞の3用法といいます。

不定詞の用法 例文
名詞的用法(~すること) To play game is my life.(ゲームすることは私の人生だ。)
形容詞的用法(~するための、~すべき) I want game to play.(私は遊ぶためのゲームが欲しい。)
副詞的用法(~ために、~して) I went to shop to play game.(私はゲームで遊ぶために店に行った。)

それぞれの用法の詳細は次節以降で解説します。

名詞的用法「~すること」・・・主語、補語、目的語

例文
To play game is my life. ゲームすることは私の人生だ。

playは「~をする」という動詞ですが、不定詞の形「to + play」にすると「~をすること」という名詞扱いとなり、例文のように主語となることができます。
名詞扱いとなるため、主語だけでなく補語や目的語になることも可能です。

例文
補語 My life is to play game.(私の人生は、ゲームをすることだ。)
目的語 I like to play game.(私は、ゲームをするのが好きだ。)

形容詞的用法「~するための、~すべき」

例文
I want game to play. 私は遊ぶためのゲームが欲しい。

例文の不定詞「to play(遊ぶための)」は、名詞gameを修飾しています。
つまり、形容詞と同じ働きをしています。
ただし、通常の形容詞は名詞の前に置かれますが、不定詞の形容詞的用法は「名詞の後」にくることに注意しましょう。

副詞的用法「~するために」

例文
I went to shop to play game. 私はゲームで遊ぶために店に行った。

例文の不定詞「to play(~で遊ぶために)」は、動詞wentを修飾しています。
つまり、副詞と同じ働きをしています。
通常の副詞同様、動詞の他に「形容詞」「他の副詞」を修飾することもできます。

関連ページ
1 【英語入門】基本文法・資格勉強
スポンサーリンク
関連記事