【英語】第4文型(S V O O)の基礎、例文と動詞

英語入門者向けに第4文型(S V O O)の基礎や、例文と動詞の関係についてまとめました。

スポンサーリンク

第4文型の基礎

第4文型の英文は、主語(S:Subject)と動詞(V:Verb)と2つの目的語(O:Object)で構成されます。

例文(S + V + O1 + 02)
I taught her english. 私は彼女に英語を教えた。

ポイント①目的語をとるのは名詞だけ

例文のIは主語、taughtは動詞、herとenglishは目的語となります。
ここで、2つの目的語は「間接目的語」「直接目的語」といいます。
直接目的語

説明
主語 動作をする人や物(I)
動詞 主語が行う動作(taught)
間接目的語(O1) 「誰に」を表す目的語。動詞の後ろにある。(her)
直接目的語(O2) 「何を」を表す目的語。間接目的語の後ろにある。(english)

ポイント②第4文型をとる動詞は少ない(暗記可能)

第4文型の動詞は、「O1にO2をVする」という意味をとるため、そう多くありません。
代表例を以下にまとめました。

第4文型の動詞 意味
teach O1 O2 O1にO2を教える
get O1 O2 O1に(のために)O2を手に入れる
send O1 O2 O1にO2を送る
find O1 O2 O1に(のために)O2を見つける
buy O1 O2 O1にO2を買う
make O1 O2 O1にO2を作る
tell O1 O2 O1にO2を伝える
show O1 O2 O1にO2を見せる(教える)
lend O1 O2 O1にO2を貸す
cook O1 O2 O1にO2を料理する
関連ページ
1 【英語】自動詞と他動詞の違い・見分け方
2 【英語入門】基本文法・資格勉強
スポンサーリンク
関連記事