【英語】第2文型(S V C)の基礎、例文と動詞

英語入門者向けに第2文型(S V C)の基礎や、例文と動詞の関係についてまとめました。

スポンサーリンク

第2文型の基礎

第2文型の英文は、主語(S:Subject)と動詞(V:Verb)と補語(C:Complement)で構成されます。

例文
I am a student. 私は学生です。

例文のIは主語、amは動詞、a studentは補語となります。

説明
主語 動作をする人や物
動詞 主語が行う動作
補語 主語を補足説明するための名詞や形容詞

このように、動詞(V)の後ろに補語(C)がつく文を第2文型(S+V+C)といいます。

動詞はbe動詞がほとんど

第2文型では、主語=補語の関係となるので、動詞はBe動詞(is, amなど)をとることがほとんどです。
また、主語=補語となる文はそれほど多くないので、第2文型を取る文章は他の文型よりも少ないです。
Be動詞以外で、第2文型をとる主な動詞は以下の通りです。

第2文型の動詞 意味
get ~になる
become ~になる
look ~に見える
feel ~に感じる
sound ~に聞こえる
taste ~な味がする
例文
I became a student. 私は学生になった。

I(私)とa student(学生)が同じだということがわかります。

関連ページ
1 【英語】自動詞と他動詞の違い・見分け方
2 【英語入門】基本文法・資格勉強
スポンサーリンク
関連記事