【英語】第5文型(S V O C)の基礎、例文と動詞

英語入門者向けに第5文型(S V O C)の基礎や、例文と動詞の関係についてまとめました。

スポンサーリンク

第5文型の基礎

第5文型の英文は、主語(S:Subject)と動詞(V:Verb)と目的語(O:Object)と補語(C:Complement)で構成されます。

例文(S + V + O + C)
I think her criminal. 私は彼女が犯人だと思う。
説明
主語 動作をする人や物(I)
動詞 主語が行う動作(think)
目的語(O) 「誰が」を表す目的語(her)
目的格補語(C) 目的語が何かを説明する補語。(criminal)

※1. 第5文型では、C=Oが成立します。
※2. 第2文型SVCの補語(C)は、「主語が何かを説明する補語なので主格補語」といいます。

ポイント①第5文型をとる動詞は少ない(暗記可能)

第5文型(SVOC)をとる動詞は、「そう多くありません。
代表例を以下にまとめました。

第5文型の動詞 意味
think O C OがCだと思う
find O C OがCだと気づく
make O C OをCの状態にする(させる)
keep O C OをCの状態に保つ
elect O C OをCに選ぶ」
name O C OをCと名づける」

ポイント②原形不定詞が目的格補語になる場合

原形不定詞が目的格補語になる場合があります。

例文
I saw her buy juice. 私は彼女がジュースを買うのを見た。

目的語(her)=補語(buy juice)となるので、この補語は目的格補語となります。
つまり、原形不定詞(buy)も補語となります。

原形不定詞は知覚動詞(see、hear、feelなど)や使役動詞(have、make、let)の後ろで用いられます。

ポイント③現在分詞・過去分詞が目的格補語になる場合

現在分詞・過去分詞が目的格補語になる場合があります。

例文
I saw her buying juice. 私は彼女がジュースを買っているのを見た。

目的語(her)=補語(buying juice)となるので、この補語は目的格補語となります。
つまり、現在分詞(buying)も補語となります。
現在分詞「buying」が過去分詞「bought」になっても同様です。

例文
I saw her bought juice. 私は彼女がジュースを買ったのを見た。

原形不定詞と同様、現在分詞や過去分詞も知覚動詞(see、hear、feelなど)や使役動詞(have、make、let)の後ろで用いられます。

関連ページ
1 【英語】自動詞と他動詞の違い・見分け方
2 【英語入門】基本文法・資格勉強
スポンサーリンク
関連記事