【債務とは】債務不履行

債務とは?種類、民法との関係などについてまとめました。

【はじめに】債務とは

債務とは、債務者が債権者に対して一定の行為 (給付) をすることを内容とする義務のことです。

【債務不履行とは】民法との関係

債務不履行とは、履行遅滞、履行不能、不完全履といった、債務を負う者が債務を発生させた契約などの内容、法律の規定、取引の慣行、信義則などに照して当然に期待される履行をしないことです。

関係条項 概要
民法414条 債務を債務者が任意に履行しない場合でその実現が可能な場合、債権者は強制履行を請求できます。
民法415条 債務不履行が生じたことについて債務者に責められる理由があるときは、債権者は債務者に対して債務不履行によってこうむった損害の賠償を請求できます。
民法541~543条 また契約に基づく債務の不履行があった場合、債権者に契約解除権が生じることもあります。
参考文献・関連ページ
関連 【行政書士】独学入門(基礎解説・過去問)
参考 独学お助け隊の行政書士講座岡野の合格無料ゼミ(行政書士講座)行政書士試験!合格道場
民法
関連記事
ミニマリストの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました