【WordPress】XdomainからwpXにサーバー移転

スポンサーリンク
ビッグバナー(上2)

この記事では、Xdomain(エックスドメイン)からwpX(レンタルサーバー)にWordpress(ワードプレス)を移転させる方法を解説します。

wpX:レンタルサーバーの登録

まずは引越し先の「wpXレンタルサーバー」の登録を行う必要があります。
登録方法は下記事で解説しています。

【詳細】
【wpX】レンタルサーバーの登録方法

wpX:ドメインの設定

wpX側でドメインの設定を行います。
ドメインの設定方法は下記事で解説しています。

【詳細】
【wpX】ドメインの登録方法

wpX:ワードプレスのインストール

wpXレンタルサーバーでワードプレスのインストールを行います。
インストール方法は下記事で解説しています。

【詳細】
【wpX】ワードプレスのインストール

新規インストールするワードプレスのログインIDは移転前と同じにした方が良いです。
異なるIDに設定するとwpX側でパスワードの初期化が機能しなくなります。

Xdomain:サイトデータのDL

エックスドメインからFTPソフトでサイトデータ(wp-contents)をダウンロードします。
FTPソフト「FFFTP」でダウンロードする方法を下記事で解説しています。

【詳細】
【FFFTP】XdomainからサイトデータのDL(WPバックアップ)

Xdomain:データベースのDL

エックスドメインからデータベース(記事文章など)をダウンロードします。
その方法を下記事で解説しています。

【詳細】
【Xdomain】データベースのDL(記事バックアップ)

wpXにデータベースをアップロード

エックスドメインのバックアップ(データベース)をWpX側にアップロードします。
これで記事データを移すことができます。
その方法を下記事で解説しています。

【詳細】
【wpX】記事バックアップをインポート

wpX:サイトデータのアップロード

エックスドメインのサイトデータ(wp-contents)をWpX側にアップロードします。
これでWordpressのテーマ、プラグイン、画像等を移すことができます。
その方法は下記事で解説しています。

【詳細】 
【FFFTP】WPバックアップをwpXへインポート

Xdomain:DNSの書き換え

DNS(ドメインネームサーバー)の書き換えを行います。
その方法は下記事で解説しています。

【詳細】
DNS(ドメインネームサーバー)の書き換え

スポンサーリンク
レクタングル(下2)
レクタングル(下2)

シェア&フォローお願いします!